Worker’s file ライブ制作スタッフ 笠松 優生「学生時代はたくさん遊んで、いろいろな出会いを大切にしてほしい」

さまざまな職業で活躍する人に迫るWorker’s file。第31回目は、ライブ制作を行う株式会社 360CONCEPTの笠松さん。学生時代からライブ鑑賞に行くことが多く、現在は好きなことを仕事にしている笠松さんに迫ります。

Worker’s file ライブ制作スタッフ 笠松 優生「学生時代はたくさん遊んで、いろいろな出会いを大切にしてほしい」

笠松優生(かさまつゆき)
東京都出身。学生時代のライブ鑑賞をキッカケにライブ制作の仕事を目指し、高校卒業後は東京工学院専門学校のコンサート・イベント科に進学。卒業後は、イベントやライブ制作を行う会社、株式会社 360CONCEPTに就職し、広瀬香美やMINMIなどといったアーティストのライブ制作を手がけている。

次の仕事に繋がるように、一度きりの仕事で終わらないように


ー仕事内容を教えてください。

ライブ制作の仕事をしており、私の業務としては、ライブをする会場や、アーティストが所属するプロダクションなどとのやり取りが主になります。あとは舞台監督や音響・照明などのスタッフの斡旋をして、そのライブに関するチームをまとめるような仕事が多いですね。さらにはライブ当日の現場運営として、お客様をスムーズにおもてなしするための方法を考えることなども管轄になっています。今まで携わったアーティストは、広瀬香美さんやMINMIさんといった女性シンガーの方、ニコニコ動画で歌い手として活動するぐるたみんさんなど、さまざまなジャンルの方がいます。


ー現在の仕事に就くまでの経緯を教えてください。

もともと中学生くらいからライブに行くのが好きだったこともあり、自然と将来はライブ制作の仕事に関わりたいと思うようになっていました。高校卒業後はライブスタッフの専門的な学科がある専門学校に進学し、イベントやライブ制作の基本を学ぶ座学、音響や照明などの技術を身につける実習などの授業を受けました。今の会社の代表が、その学校で講師をやっていたこともあり、卒業後はそのご縁で就職しました。学校では授業を通して業界のことを学んではいたのですが、実際の現場で働いてみると、ライブに至るまでの工程がすごく多いなと感じましたね。ドームなどの大規模ライブになると、ライブに関わるスタッフの数の多さに驚いたりもしました。


ー仕事をする中でのポリシーを教えてください。

次の仕事に繋がるように、一度きりの仕事で終わらないようにというのは心がけています。この業界は新規で仕事をいただくというよりも、知り合い伝いでお仕事のお話をいただいたり、一度お仕事をしてからリピートしていただくという形が多いので、次に繋げるということがすごく大事になってくるんです。だから、アーティストのケアなどに気を遣い、“また一緒に仕事がしたい”と思ってもらえるような仕事ができるよう心がけています。


ーライブ制作の魅力を教えてください。

私自身、もともとライブを観に行く側の人間だったからこそ、“本番をやる”ということにすごく夢があるなと思います。お客様にライブを観てもらえるまでの過程は、自分で想像していたよりもとても長いですし、すごくたくさんのスタッフが関わっているというのを、この業界に入ってから知ることができたので、そういった過程やスタッフのおかげで、ライブ本番ができているんだなということは、毎回すごく感じますね。ライブに来てくださる方にしても、これだけたくさんの方がこの日、この時間に合わせて同じ場所に来てくれているというのもすごいなと思いますし、それに合わせてライブを作り上げるアーティストや、それを支えるスタッフと、多くの人が関わって一つのライブを完成させているというところが、ライブ制作という仕事の魅力だと思います。


ー高校生にメッセージをお願いします。

私は社会人になってから、職業柄もありすごく忙しくさせてもらっているので、正直遊ぶ時間はあまりありません。仕事に没頭できるのもすごく楽しいのですが、今までの人生を振り返った時に、高校時代が一番自由に遊んでいたなと思います。やっぱり高校時代ってすごく楽しかったんですよね。当時の友達には今も会ったりするので、学生時代はたくさん遊んで、いろいろな出会いを大切にしてほしいなと思います。


お仕事言葉辞典 ライブ制作スタッフ編

【逆リハ】 ぎゃくりは

本番の演奏と逆の順番で行うリハーサルのこと。複数のアーティストが出演するライブなどで行われることが多く、出演順の逆からリハーサルを行うことで、機材配置の変更を行う手間が省け、リハーサル終了の状態のまま、本番を行うことができる。

お仕事道具見せてください!

Worker’s file ライブ制作スタッフ 笠松 優生「学生時代はたくさん遊んで、いろいろな出会いを大切にしてほしい」

6年間使い続けているメモ帳
仕事を始めてから現在までの6年間使っているメモ帳。全て同じ種類のメモ帳で、冊数は10冊にも及びます。仕事の際には常に持ち歩いているそうです。

笠松さんが勤務されている会社

Worker’s file ライブ制作スタッフ 笠松 優生「学生時代はたくさん遊んで、いろいろな出会いを大切にしてほしい」
https://360concept.co.jp