YTJ learning ためになる雑学 2020年2月号

2月には日本でも賑わいを見せるイベントの1つ、バレンタインがあります!
今回はバレンタインにまつわる雑学を紹介します。

バレンタインの起源はローマ帝国!?
2月14日はバレンタインデー。愛する人に気持ちを伝えるためのイベントとして世界中で親しまれています。このバレンタインの始まりは実に古く、ローマ帝国の時代にまで遡ります。バレンタインとは3世紀にローマに実在したキリスト教司祭の名。彼は、当時の皇帝が兵士の結婚を禁止していたことに反対し、それが原因で処刑されてしまいます。そのバレンタインの殉教の日が2月14日であったことからバレンタインデーが起こったとされているのです。以降、ローマでは2月14日は恋人たちがプレゼントやカードを贈り合う日となり、これが現在のバレンタインデーの始まりとなったと言われています。
バレンタインデーにチョコレートは日本の文化!
バレンタインデーは女性が男性にチョコレートを贈る日だと思っている人がほとんどですが、この風習は日本だけのもの! 海外でも贈り物をする習慣はありますが、チョコレートとは限らず、女性から男性へとも限りません。何故、日本は女性から男性にチョコレートを渡すようになったのでしょうか。それは1958年のこと。東京都内にあるデパートで日本のチョコレート業者が、バレンタインにチョコレートを贈ろうというキャンペーンを行いました。最初は売れなかったそうですが、日本が少しずつ経済的に豊かになり、またチョコレートが普及したこともあって、1975年頃からチョコレートを贈る習慣が根付き始めたそうです。
ホワイトデーとブラックデー
今となってはバレンタインデーにもらったものへのお返しをする日としてすっかり定着している、3月14日のホワイトデー。実はホワイトデーは日本発祥の特別な行事だってご存知でしたか? 日本人は義理堅く、プレゼントをもらったら何かお返しをしなければいけないと考える人が多いため、浸透しやすかったと言われています。ちなみに、4月14日には韓国発祥のブラックデーがあります。独身の人たちが黒い服を着て韓国風ジャージャー麺を食べるイベントだそうです。独身の人しか参加しないことから、出会いの場となり得るイベントでもあり、ここでも恋人を作るチャンスがあるのだそうです。
ホワイトチョコレートは何故白いの?
バレンタインと言えばチョコレート! その中でもホワイトチョコレートが、普通のチョコレートと味も見た目も違う理由は、カカオの使用方法にあります。ホワイトチョコレートは、製造工程においてチョコレートの特徴とも言える苦み成分・カカオマスをココアバターから除去しています。カカオマスとは、原料となるカカオ豆を、発酵→乾燥→焙煎→砕く→冷やす→固めるという一連の工程の中でできたもの。一般的なチョコレートの場合はこのカカオマスに砂糖やミルクを加えて作るため、甘さの中にも程よい苦みが感じられます。白い理由は、苦みやチョコレートの色のもととなるカカオマスが入っていないからだったのです。