YTJ learning ためになる雑学 2018年9月号

知っていると、ちょっとはためになる雑学。9月といえばお月見の季節! 今回はそんなお月見の季節にちなんで宇宙にまつわる雑学を紹介します。

金星では一年よりも一日の方が長い!?
地球から最も距離が近く、質量や大きさ、密度、内部構造、重力などが地球と似ていることから“地球の姉妹惑星”とも言われている金星。実はこの金星では、1年の長さよりも1日の長さの方が長いという事実がありました! 地球の自転は約24時間、公転は約365日かかるため、地球時間での1日は24時間、1年は365日とされています。しかし、金星ではこの自転と公転の長さが逆転。金星の自転は地球時間で約243日かかるため、金星の1日は地球で換算すると約243日となります。一方、金星の公転にかかる日数は、地球時間で換算すると約225日。そのため、金星では1年よりも1日の方が長いということになるのです。
木星には巨大な台風が存在する!
この時期に発生しやすい台風。実はこの台風は木星にも存在するのだそうです。木星といえば表面に見られる縞模様を思い浮かべる人もいるかと思いますが、そのなかでも“大赤斑”と呼ばれる高気圧性の巨大な渦が、地球でいう台風に相当します。この“大赤班”は約350年前に発見されて以来、現在でも存在し続けています。そもそも木星は太陽系で最も大きな惑星で、この“大赤斑”は地球直径の1.3倍ほどの大きさ。風速は秒速180mにまで及ぶのだとか。地球上で観測される竜巻でさえ、大きなものでも秒速140m程のため、木星で発生する台風はとても規模が大きいことが分かりますね。
さまざまな発見に満ちた土星の輪
土星を思い浮かべた時、土星の周りを囲む輪を想像する人が多いかと思います。そもそもこの土星の輪は太古の昔、土星の衛星だった星が破壊され、リング状に形成されたものだと言われています。この中に存在する「エンケラドス」には海が存在することがわかっており、さらにこの海は生命が存在するための条件が整っているのだとか! 現在では地球外生命体が存在する可能性も高いと言われているようです。また、土星の輪は複数あり、土星探査機の撮影により9つだと思われていた土星の輪は、実は30以上存在していたことが分かるなど、土星の輪一つをとってもさまざまな発見に満ちているのです。
人類移住計画先の惑星・火星
人類の移住計画先としてよく名前を目にする火星。ではなぜ火星が移住先の惑星として挙げられているのでしょうか。それは火星の環境が地球と似ているからなのです。火星が自転する時間は地球の約24時間にとても近く、約24時間40分。このことから地球の一日と火星の一日には、約40分の差しかないことになります。また、火星には液体状の水が存在することも分かっています。ただ、この水は地球の水とは異なり、水分を含んだ塩のようなものなのだとか。このようなことからも火星が生命の生息に適した惑星であることは間違いなく、人類が地球から移住する際の惑星として考えられているのです。