舞台やドラマ等で活躍中の俳優、荒牧慶彦と水江建太による期間限定ユニットプロジェクト“まっきーとけんた”が始動

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:音楽

舞台やドラマ等で活躍中の俳優、荒牧慶彦と水江建太による期間限定ユニットプロジェクト“まっきーとけんた”が始動

優の荒牧慶彦と水江建太による期間限定ユニットプロジェクト“まっきーとけんた”が始動。
「KING AMUSEMENT CREATIVE」公式YouTubeチャンネルでは、彼らにとって初の楽曲「Calling…」のDRAMA CLIP Episode 01 Handyman Fellow Jellyfishが公開されており、映像において、荒牧慶彦が“坂牧洋平”を、水江建太が“滝本謙太”を演じている。
2人が探偵事務所「探し屋たびくらげ」として、様々な人の“探しもの”に奮闘し、その様子が歌とともにドラマ仕立てで描かれている。

今回のユニット誕生には秘話がある。荒牧慶彦のパフォーマンスを見たキングレコードのプロデューサー陣が荒牧にアーティストデビューのラブコールを送ったことがきっかけだった。しかし、荒牧は「自分はあくまでも俳優であり、キャラクターとして歌を歌うことはあってもアーティストとして歌うことには自分自身が納得できる理由がない」と返答。それでも諦め切れないキングレコードプロデューサー陣と話し合いを重ねた結果、荒牧から出た言葉が「建太とだったら…」というものだった。荒牧は「僕の勝手な気持ちだし、建太がどう思うかわからないので無理強いはしたくない」との思いがあった。しかし、それを受けて水江建太は「まっきーさんは僕が舞台に出させてもらうようになった時からの尊敬している大好きな先輩です。僕なんかでいいんですか?一緒に活動できるのは心から幸せに思います」と返答したのだった。
2人の言葉を受けて、プロデューサー陣は「あくまでも2人は俳優であり、その活動を邪魔する活動にはしたくない。俳優ということを活かした活動にしていこう」とコンセプトを立ち上げた。それゆえのDRAMA CLIPであり、俳優としての2人の名前がわかるようにという理由からユニット名“まっきーとけんた”も決定した。期間限定となっている2人のユニット活動期間については未発表だが、まだ明かされていない企画が多くあるためその過程で明かされていくことになるだろう。

お互いにリスペクトし合う荒牧慶彦と水江建太が様々な“まっきー”と“けんた”をDRAMA CLIPと楽曲の2軸で演じてゆくユニット“まっきーとけんた”に、今後も注目だ。

~コメント~

荒牧慶彦(坂牧洋平 役)
これまで自分が音楽活動するというのはあまり考えたことがありませんでしたが、“建太とだったら”という思いでこの企画が始まることになりました。建太と一緒に活動できることがとても嬉しいです。DRAMA CLIPは世界観が綺麗で、音楽と映像がマッチしているので、新鮮で面白いと感じていただけると思います。建太のお風呂シーンも見どころです!(笑)
水江建太(滝本謙太 役)
まっきーさんは僕が舞台に出させてもらうようになってから長い付き合いで、尊敬している大好きな先輩なので、このように一緒に活動できることを心から幸せに思います。DRAMA CLIPでは2人ともナチュラルに演じていますが、それぞれの役柄や、まだ明かされていない隠された背景を想像しながら見てもらうのも楽しめるんじゃないかと思います。

舞台やドラマ等で活躍中の俳優、荒牧慶彦と水江建太による期間限定ユニットプロジェクト“まっきーとけんた”が始動

■まっきーとけんた「Calling…」DRAMA CLIP Episode 01 Handyman Fellow Jellyfish(YouTube URL)
https://youtu.be/VDETa7KUL5M
■まっきーとけんた オフィシャルサイト
https://www.mackey-and-kenta.info
■まっきーとけんた Twitterアカウント
@MACKEYandKENTA
■荒牧慶彦 公式Twitter
@aramakiofficial
■水江建太 公式Twitter
@mizue_official