1月21日は 「ライバルが手を結ぶ日」

本日1月21日は
「ライバルが手を結ぶ日」です。

慶応2年の1月21日、
犬猿の仲でもあった
薩摩藩と長州藩が、
土佐藩士・坂本龍馬らの
仲介により京都で会見し、
薩長同盟を結んだことから
制定されました。

倒幕という一つの目的のために
ライバルが薩長同盟を結び、
このような動きが明治維新に
つながったとも
言われています。

朗読:向上高校 放送部