YTJ learning ためになる雑学 2019年2・3月号

知っていると、ちょっとはためになる雑学。
2月11日の建国記念の日にちなんで、日本にまつわる雑学を紹介します。

鉄道開業当時の日本人ならではの忘れ物とは?
世界の中でも最も時間に正確と言われる日本の電車。日本人の中では、“電車は定刻通り来るもの”という常識がありますよね。しかし他の国では、数分~数十分の遅延は当たり前。それに比べ日本の電車の平均遅延時間は、たったの18秒、東海道新幹線の平均遅延時間は24秒と言われています。そもそも鉄道が開業したのは、1872年10月14日のこと。開業当時に最も多かった忘れ物は、なんと“靴”! 当時の日本人にとって電車という乗り物は、家と同じく土足で上がることができない人が多かったのだとか。ホームで脱がれた靴はそのままホームに置き去りにされることもしばしばあったそうです。
北枕が縁起が悪いとされる理由
北の方角に枕を置いて寝ることを意味する“北枕”。北枕は縁起が悪いと言われ、避けている人も多いのではないでしょうか。北枕は縁起が悪いものという考えは、お釈迦様が亡くなった時に、北側に頭を向けて亡くなっていたという話が由来となっています。その後、お釈迦様がいる極楽浄土へ行けるよう、死者の頭を北側に向けて寝かせるようになったため、日本では北枕=死というイメージが強くなり、縁起が悪いとされているのです。しかし、地球の北半球では磁気が北から南へ流れるため、頭を北にすることで頭から足へ磁気が流れ血行が良くなることから、北枕は健康に良いとも言われています。
日本の携帯電話に防水機能が多い理由
携帯電話を選ぶ際、“防水”という条件を挙げる人も多いかと思いますが、海外ではこの防水機能がついた携帯電話は少ないそうです。日本の携帯電話に防水機能がついたものが多い理由は、日本人の習慣に関係しています。日本人のリラックス方法の一つに“お風呂に浸かる”という行為があります。お風呂に浸かる際、携帯電話を持って入る人も多いことから、日本の携帯電話には防水機能がついたものが多いのだとか。しかしこの防水機能をつけるためにはコストがかかり、壊れやすくなるというリスクもあります。シャワー文化が主体の海外では、防水機能の需要もあまりないことから、未だに浸透していないそうです。
お札の肖像画を描いているのは国家公務員
千円札の野口英世、五千円札の樋口一葉、一万円札の福澤諭吉など、お札には偉人の肖像画が描かれています。ではこの肖像画は誰が描いているのでしょうか。紙幣に描かれた人物、その他のデザインを決め、彫刻を行うのは、独立行政法人国立印刷局に所属する国家公務員で、“工芸官”と呼ばれており、30人程度で構成されています。まずは写真をもとに下絵を描き、それをもとに特殊な彫刻刀で銅板に細かく線を削り出します。1mmの幅に10本以上の線を彫刻することもある非常に緻密な作業なのです。こうして作られる日本の紙幣は偽造防止のレベルが非常に高く、世界でも屈指の技術力を誇ります。