Be Choir Presents ″ゴスペル″ vol.2 開催!

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:イベント

Be Choir、グラミー賞受賞者David Matthews、「少女A」など数々のヒットナンバーを生んだ、作詞家 売野雅勇氏の豪華共演が実現する!!

″お茶の間にクワイアミュージックを″を掲げるマスコーラスグループ″Be Choir″がプロデュースする、日本におけるゴスペルミュージックの再定義を目指すライブ、その名は″ゴスペル″。2016年10月の第1回目には、黒沢薫氏(ゴスペラーズ)、谷村奈南氏、MARU氏などの実力派シンガーやブロードウェイ・ミュージカルを手掛けるStacy Penson氏との共演を実現しました。

第2回目となる今回は、アポロシアター「アマチュアナイト」での優勝経験のあるLatitia Coates氏、エキゾチックな美貌のロシアンビューティーボーカルデュオ Max Luxがゲストシンガーとして参加し、″ゴスペル″の魅力と迫力をより深く力強くお届けすると共に、″Be Choir″のエネルギーを更に加速させます!

★SPECIAL GUEST★
グラミー賞受賞者でJAZZ界のレジェンド、マンハッタン・ジャズ・クインテット リーダー David Matthews氏、「少女A」「涙のリクエスト」「2億4千万の瞳」など、数々のヒットナンバーを生んだ、作詞家 売野雅勇氏の両氏をスペシャルゲストとしてお招きします。

◎Be Choirが今冬にリリース(予定)する楽曲「天涯(そらのはて)」 を両氏よりご提供いただきました。
◎当日は、Be Choirの代表曲「聖なる人」をDavid Matthewsのピアノ 演奏にてライブ収録(今冬リリース予定)します。この曲は、東日本大震災時、南三陸町防災庁舎から無線を通じて町民に避難を呼び掛け続け、ご自身が津波の犠牲となってしまった遠藤未希さん(南三陸町職員/享年24歳)の「生きる姿勢」をテーマに、犠牲となられた方々の魂へメッセージを込めたバラード楽曲です。
2012年5月9日にリリースしたBe Choir 1stアルバム「BE」(発売元:キングレコード/KICS-1762)に収録され、作詞 売野雅勇、作曲 鈴木キサブローという日本の音楽界を代表する両氏にご提供いただきました。

●Be Choirプロフィール
現在約60人のメンバーが所属するマスコーラスグループ(リーダー:長谷川雅洋)
上智大学、慶應義塾大学を中心としたゴスペルミュージックサークルをルーツに、2010年10月に結成。銀行員、市役所職員等、様々な職種の60人がメンバーとして所属し、多様性をテーマに、今までに多くのアーティスト(例:黒沢薫氏/ゴスペラーズ、KAMIJO氏/Versailles、D-51等)とのコラボライブを実現しています。
活動などの詳細は▶▶▶http://bechoir.net/

—————————————————————————–
Be Choir Presents ″ゴスペル″ vol.2
日 時 :2017年9月30日(土)開場16:00 開演17:00
会 場 :CLUB CITTA’(クラブチッタ)
    神奈川県川崎市川崎区小川町5-7
チケット:前売り ¥4,500(自由席/税込) 
     当日  ¥5,000(自由席/税込)
     入場時にドリンク代¥500別途必要
◆チケットぴあはこちら
◆ローソンチケットはこちら
◆イープラスはこちら
主催 :Be Choir 
企画 :Be Choir / PGG 
後援 :YOUTH TIME JAPAN project / 一般社団法人エコロジー・カフェ 
協力 :CLUB CITTA’