山本彩がモスバーガー新CM「がんばるあのひと篇」に出演


山本彩がモスバーガー新CM「がんばるあのひと篇」に出演
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、シンガー・ソングライターの山本彩を起用した「マンハッタンクラムチリ ロースカツ」の新CM『がんばるあのひと篇』を、2020年9月17日(木)より全国で放映開始する。またCMソングには、山本が作詞・作曲した新曲『愛なんていらない』が起用されている。

新CMは山本を起用し“がんばりたい時は、しっかり食べる。”をキャッチフレーズに、新しい生活様式の中で戸惑いながらも前向きにがんばる人々を『食』と『音楽』を通じて力強く応援する内容となっている。
グループ卒業後、シンガー・ソングライターとして新たに歩み続ける山本のがんばる姿と歌声が、この新CMの世界観にぴったりと重なったことから起用が決定した。

また今年3月「モスバーガーのことを“モスバ”って言ったら笑われたんですけど言いません?」とご本人がTwitterに投稿し、SNSを中心に話題となったこともきっかけの一つだ。山本のTVCM出演は、ソロ活動後でははじめてのこととなる。

山本彩がモスバーガー新CM「がんばるあのひと篇」に出演

今回の新CMで紹介するのは、男性人気が高い定番の「ロースカツバーガー」を、女性にも選ばれる商品へとイメージ転換するために斬新なアレンジを加えた新商品。
そのため新CMは山本演じるクールでカッコいい女性が自宅で楽曲制作をしている設定で、がんばる女性がハンバーガーでしっかりとお腹を満たし、元気な気持ちに包まれる様子を描いている。

またCMソングは、山本が作曲した新曲『愛なんていらない』で、歌詞も“自立した女性”というCMのテーマに合わせて書き下ろした。この曲は新CMの公開に合わせて9月17日(木)午前0時より、各種音楽配信サービスにて先行配信される。

【CM撮影エピソード】
8月初旬のCM撮影は、スタッフの厳密なメディカルチェック、手洗いや換気などの感染防止策のほか、熱中症対策を徹底した上で行われた。
炎天下の中でも笑顔を絶やさず収録に望む山本の姿に、スタッフ全員が元気をもらった。
また、CMの中で描かれる部屋の美術装飾は、シンガー・ソングライターとして作詞・作曲に取り組む山本の仕事場をイメージしたものだ。
中でも存在感を放つゴールドのエレキギターは、山本が普段のステージで愛用されている実物を使用した。

【山本彩・メッセージ動画より】
この度は光栄なことにCMタイアップソングを書かせていただきました。
まさかお声をかけていただけるとは思っておらず本当にありがたいと思っております。
「自立した女性の力にもなれるような商品に」という想いがとても素敵だと思い、その中に私も含まれるのかと思ったので、モスバーガーさんの気持ちと自分自身の等身大の気持ちとを織り交ぜながら曲を書かせていただきました。
ぜひ新商品を楽しみながら私の新曲も聞いていただけたらなと思っております。

※このメッセージ動画は、モスバーガー公式YouTubeチャンネルで公開しています。