菅田将暉と有村架純が現代を舞台にしたリアルな恋愛「花束みたいな恋をした」超特報公開


菅田将暉と有村架純が現代を舞台にしたリアルな恋愛「花束みたいな恋をした」超特報公開
「花束みたいな恋をした」場面写真 
菅田将暉と有村架純がW主演する「花束みたいな恋をした」の超特報と場面写真が公開された。

本作は坂元裕二が、「2020年の東京」を舞台に、明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)の姿を描いたラブストーリー。好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても「SMAP×SMAP」が最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続ける2人。2人が歩んだ最高の5年間が劇中で描かれる。

解禁された超特報では、二人の恋の始まりから幸せな日々、そして何かに思い詰めるそれぞれの表情までも15秒の中で描いている。また同時に解禁された場面写真は、焼きそばパンを食べながらトイレットペーパーを抱えて歩く二人の、何気ない日常を写す一枚となっている。

■花束みたいな恋をした公式サイト
https://hana-koi.jp