三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!


三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
今年の『第98回全国高校サッカー選手権大会』応援歌「繋げ!」を歌う史上最年少16歳、現役高校1年生の三阪咲(みさか さき)。そんな彼女が本日1/13(月・祝)埼玉スタジアム2002にて行われた全国大会の決勝の場で、応援歌「繋げ!」、“みんなのアンセム”「We are on your side」の2曲を熱唱した!
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
今大会は、98回に渡る開催以来、過去最大動員数となり、その圧倒的な歌声と若干16歳とは思えないパフォーマンスで、約57,000人を越える観客を、大いに沸かせた!応援歌「繋げ!」の生歌唱の模様は、決勝大会のハーフタイムにオンエアされ、歌唱映像がTVで放送されるやいなや、ものすごい反響がSNS上を駆け巡り、検索ランキングや、SNSのトレンドなどに入り、ストリーミング配信サイトのリアルタイムランキングでもLINE MUSICでは2位など、上位へと急上昇!その反響は、夜になった今でも続いている。
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
なお、今年の高校サッカーのテーマソングは、例年、数多くの名だたるアーティストによって、毎年作られ、歌われてきた伝統の“応援歌”だけでなく、その応援歌の他にもう1曲、選手だけでなく、選手を支える人たちの気持ちに寄り添い、その想いを詰め込んで、制作された、“みんなのアンセム”「We are on your side」の2曲担当という異例のタイアップとなったことで、決勝で2曲を歌われることは今年が史上初の快挙となった!
三阪咲、令和初の全国高校サッカー選手権決勝で史上初の2曲熱唱ライブ!
また、今大会では、この決勝大会に向けて、応援歌を担当する三阪咲が地区大会の決勝を5会場巡り、キックオフライブを行うという新たな試みがなされてきたり、全国大会準決勝では、これまた史上初の試みとして、決勝会場のある埼玉県:松伏高校の吹奏楽部とコラボレーションし、“みんなのアンセム”「We are on your side」スペシャルブラスバンドver.が披露されたりと、特に応援歌周りに関しては、異例・史上初づくしの大会となった!
そんな決勝大会での生歌唱が終了した三阪咲だが、そんな興奮冷めやらぬ中!明後日、1/15(水)日本テレビ系情報番組「スッキリ」への生出演&生歌唱も決定した!こちらもぜひお見逃しのないようにしてほしい。

【出演情報】
1/15(水) 日本テレビ系「スッキリ」8:00-10:25
9:30頃の「HARUNAまとめ」コーナーに生出演
※生放送の為、急遽放送内容が変更となる可能性がございます。

12月4日リリースとなった、全国流通盤EP「Every day, Every Night」が全曲現在ストリーミング配信中!
各ストリーミングサイトURL:https://lnk.to/SakiMisaka20191230